学校で保育士の資格を取得する

  • 保育士になりたいと考えている人は国家資格が必要となります。保育士の資格試験は年2回行われていますので、いずれかで合格しなければなりません。後期試験については地域が限定されることが予想されますので確認が必要となります。

    またもう一つの方法として厚生労働省が認定する指定の専門学校や大学などの教育機関に通い卒業することで資格を取得できます。

    高校を卒業してから保育士の道に進みたいと進路を考える場合、厚生労働省認定の専門学校、短大、大学に進学するという道があります。短大の場合は幼稚園教諭まで取得できる学校と保育士資格のみ取得できる学校があるので幼稚園教諭も取得しておきたいという場合には短大は幼稚園教諭まで取得できる学校に行く方がいいでしょう。

    大学の場合には保育学科、幼児教育課などに進学し資格を取得することになりますが、保育士として臨床心理士や特別支援教育教諭等は非常に需要が高くなっていますので、併せて取得される方もいます。また幼稚園教諭の免許、小学校教諭一種の免許を取得できる大学もあるので確認し、取っておきたい資格を学校にいる時にしっかり勉強しておけば就職に役立ちます。

    専門学校は保育士になる為の専門教育を主軸としている学校なので、実践力の高い学習ができるメリットがあります。保育士の資格のみ取得したいという場合には、専門学校でもいいと思います。

    ただ近年、保育園と幼稚園の機能を併せ持った子ども園が多くなってきているので、学校に通うならば将来を考えて幼稚園教諭免許を取得しておく方が役立つでしょう。


    ◎ ピックアップサイトはこちら
    子ども園などのように、保育に関する職場は幅広くなっています。保育士の転職情報を見てみると、それぞれの仕事内容や給与面などを知ることが出来るので役立つでしょう。保育業界研究にも活用できると思いますので、保育専門の転職情報サイトをご紹介します > 保育士 転職情報