保育士試験は狭き門?

  • 保育士をめざし学校に行く場合には、厚生労働省に認定を受けている養成施設に行くことが最も近道になるといわれています 。この場合、この認定施設を卒業することで保育士資格を取得できるので、無試験で合格できるということになります。

    保育士の学校に進学される場合には、保育士資格が取得できる学校かどうかの確認、また保育士資格のほかにも幼稚園教諭、小学校教諭、その他臨床心理士などの保育に必要な知識を得る事の出来る資格がありますので、そういった別の資格について学べる学校を選ぶ方も多くなっています。

    保育士の養成施設にいかず保育士試験を受けて合格する道を選択される場合でも、養成講座や試験対策講座などを利用して、保育に関する知識を詳細に勉強しなければ合格の道は遠くなります。

    毎年4万人以上が受験し、10%から20%前後の合格率となればかなり狭き門です。ただし、保育士の筆記試験では、合格した科目について3年の有効期間があるので、その間、合格した科目の試験が免除されます。不合格となった科目について再度勉強し受けるチャンスがあります。一度合格すれば3年目までは有効となりますので、人によっては数年かけてじっくり勉強しながら科目合格をしていくことを考えている方もいるようです。